1,316 total views, 2 views today

 

『ジャコビニ彗星の日』は1979年12月1日に東芝EMIからリリースされた『悲しいほどお天気』に収録された。松任谷由実 (ユーミン) の8枚目のオリジナルアルバム。1981年5月5日再発。

7
Leave a Reply

4 Comment threads
3 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
5 Comment authors
  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
hiro oops

この動画とぴったり調和した、晩秋の冷たい空気にしんみりと切なく響き渡る透明でセブンスなユーミンの名曲、
あの夏の打ち上げ花火のまぶしい明るさと鼻を衝くその残り香、そして、流星の夜空に虚しく消えていくほろ苦い青春の輝き。

itochu

待ちかねた再UPが、1日で終了❔
小林幹也さん 待ち構えてましたね😱

shinano

映像が素晴らしいですね。ご自分で撮られたのですか?

ジム グース

13歳、FMから偶然流れたこの曲。アルバム「悲しいほどお天気」を紹介していた。おこずかいをかき集め、L Pを買った。歳の離れた姉から、まだわからないのにと馬鹿にされた。大人になるきっかけを探していたあの頃。初めての出会いから40年、数え切れないユーミンの楽曲と生きてきた。どの曲も私の頭の中には、必ずその歌詞の映像が現れた。勝手な解釈と自己世界を膨らませていた。ラヂオさんの作品を見た瞬間に、何故だか何か救われた気がした。これからも作品を創り続けてください。