16,480 total views, 4 views today

 

1987年夏に第1作が制作された。松任谷由実のアルバム『DA・DI・DA』(1985年リリース)の収録曲の一つである「シンデレラ・エクスプレス」をモチーフとし、東京発新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻である21時ちょうどを、童話のシンデレラで主人公が舞踏会に行くための魔法の解ける午前0時に見立て(新幹線の営業運行も0時で終了するようダイヤが組まれている)、離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、再び別れていく日曜日の夜の新幹線ホームで繰り広げる恋のドラマを描いたものであった。撮影は、列車運行が終了した深夜の東京駅ホームを使い、100系電車を数回往復させて行われた。ホームには一部布が敷かれ、スモークも発生させるなど、大掛かりな撮影となった。

このCMが放送されると、実際に恋人たちが新幹線で週末に相手のもとに会いに行き、最終の新幹線のホームで再び別れる姿が各メディアで注目されるようになり、現実に各車両の出入口毎に1組のカップル、という状況も見られた。JR東海も、該当列車となるひかり289号に当時最新型であった100系を優先的に充当させるなど、これに応じている。

1992年には東京発新大阪行き最終が21:18発「のぞみ303号」(当時)に変わったことにより、5年ぶりに作成されている。このバージョンではのぞみに用いられた300系が用いられている(一連のエクスプレスシリーズCMで唯一の登場)。(ウィキペディアより)

このビデオはYouTubeの私のチャンネルで10万回の再生がありましたが、ある日削除されました。それ以来YouTubeにアップしなくなりましたが、みらいLOVEは永久保存版です。

本ミュージック・ビデオでは一部 ”fromtokio” 様のユーチューブ・チャンネルより映像をお借りし使用させて頂きました。fromtokioさん、ありがとうございました。

11
Leave a Reply

6 Comment threads
5 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
7 Comment authors
  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of
MASARU

牧瀬里穂バージョンでは名古屋駅に100系が走ってない時間に、100系が走ってました。
おそらく深夜の名古屋駅でロケしたものでしょう。

WITH MEW

確か、牧瀬里穂さんのは山下達郎さんの「クリスマスイブ」がバックに流れるクリスマス・エキスプレスの方で、
シンデレラ・エキスプレスの方の第一作は河合美佐さん、第二作が横山めぐみさんだったと記憶します。

共に、遠距離恋愛を余儀なくされた恋人たちへの応援歌でしたよね。
あのCMに勇気づけられた恋人たちは(私も含め)多かったはずです。

私の場合は、関西に彼女を残して東京に本社のある企業に就職し、週末彼女に会いに関西に帰り、日曜の夜の新幹線で職場のある東京に戻っていたので、YUMINGの曲とは逆設定なのですが、それでもこの曲とCMには随分勇気づけられました。
足掛け4年の遠距離恋愛の後、CM第一作が出た翌年の1988年が私と家内の結婚記念日になりました。

Noura

Good job, keep up the good work.👍🏻
I like your videos.

ひろたん

20数年も前に此処までの文化を完成させていたのって、凄いことですね。
当時結ばれた人たちの子供が、同じことをしている年代ってのがまたスゴイ。
ところで
ギターが当時流行っていた リーリトナー風で当時のアルバム聴きたくなりました。

ひろたん

追伸
思えば、この仕事って恐らくは電通とか博報堂が仕掛たキャンペーンだったんだろうと思うのですが、当時の最高のリソース(才能、情熱、お金 全て)が注ぎ込まれたのでしょうね。
此処までの完成度の仕事って そうそう無かったのでしょうね。
スゴイ時代だったんですね。バブルの最終期の傑作ですね

画面が綺麗で 当時流行っていた トレンディドラマを 思い出します😊
オシャレで 爽やかだったなぁ!
牧瀬里穂?(字が違ってたら ごめんなさい。) あのバージョンも 可愛くて 覚えてます‼︎ 花束持って ホームを走ってる彼女 😉💕

爽やかで オシャレで 切なくて… まさにユーミンの真髄、真骨頂‼️🌟
同じような コメントですみません😅
ミライラブはいいです。YouTubeだと 私のコメント ダブル投稿になります。
一つ消すと 両方消えます。謎です。面倒くさいので もうそのままにしてまーす➰🥳