3,616 total views, 1 views today

<

タワー・サイド・メモリーは1981年11月1日に東芝EMIからリリースされた、『昨晩お会いしましょう』(さくばんおあいしましょう)に収録された。松任谷由実の12枚目のオリジナルアルバム。

9
Leave a Reply

4 Comment threads
5 Thread replies
0 Followers
 
Most reacted comment
Hottest comment thread
4 Comment authors
  Subscribe  
newest oldest most voted
Notify of

待ってました!タワーサイドメモリー(#^.^#)
テリーさん、アップ有難うございます!
期待した通りポートタワーで始まる映像、ワクワクしながら見入ってしまいました。
阪急電車、オリエンタルホテルなど神戸のエッセンスがぎっしり詰まった動画は神戸を知らない人にも楽しんでもらえる筈。
青春の1ページを神戸で過ごした人間には涙が出るほど懐かしい歌と映像のマッチング…堪能させていただきました。
神戸はやはり夜景が絶品、この歌は絶対に夜のシチュエーションが似合いますよね♪

先日大学時代の友人と西宮北口で食事をしました。
阪急ブレーブスの球場は西宮ガーデンズという洒落たショッピングモールに姿を変え、駅の中も周辺もすっかり様変わりしていましたが、学生当時によく通ったパスタのお店が今も同じ場所に在った事が嬉しかったです。
街の昔の姿はもう記憶を辿る事でしか追体験できないのでしょうけれどVRの発達の目覚ましい現代、昔の街並をもう一度歩く事が近々可能になるのではないかと期待しています。
関西もそろそろ梅雨入り、蒸し暑いです。

さすがです!
パスタ屋さんはリュリュです。
10年ほど前に改装されたそうですが場所はたぶん元々の位置かと。
リュリュの和風コンビーフパスタが大好きでした。

マルコ・ポーロというカフェによく通っていましたが現在は無く、
鳴尾浜の方に同名のカフェがありますが同じオーナーさんなのかは不明です。

Yokku It

結局こちらにお世話になることになりました。よろしくお願いします。関西人にとって六甲、神戸のドライブは必須の恋愛アイテムでした。懐かしいなあ。
ありがとうございました。

Yokku It

お世話になります。神戸はいろいろ思い出があります。一番最初のドライブデートが夜の六甲山だったのは最早化石。今の家内と神戸デートしたのが1995年1月16日(日)のこと。最初に北野に上がって、昼頃降りてきて阪急三宮駅辺りをウロウロしていた時のこと。突然家内が、’パンストの中が痒くて堪らんからデパートのトイレで掻いてくるわ。’と言い出しました。もうすぐ25年になりますが、こんなことは一度っきり。本人もあの時だけだと言っています。大きな神社や港をウロウロしていた位しか記憶がありませんが、楽しい一日でした。
翌日、震災。私は宝塚の近くの中山というところに住んでいましたが、JR福知山線の電柱が住宅に倒れ掛かっていたり、駅前のビルがショールームの柱が折れて大きく傾いていたり。西宮北口から門徒厄神辺りは感情が消えてしまうような状態でした。幸いなことに私は無傷でした。家内は淀川の南に住んでいましたので全く被害なし。
その年の秋に結婚、あちこち転勤していた栃木時代のこと。1Fのフローリング張りのリビングに家内と幼い長男と3人でじかに座っていた時に突然家内が、’地震!あっちから!’と叫びました。全然揺れていないのに。ちょっとの間を置いて、結構大きい揺れが来ました。テレビで震源を確認すると、正に家内が指差した方向。’なんで分かるん?’と聞くと、’だって分かるもん。’という答え。私の人生の中でこの能力を持っているのは家内のみです。あの神戸のパンストの一件も何かを感じていたのか?と思えます。
長男も来年就職。時の流れるのは速いものです。でも、アップされているナンバーは今でも輝いていますね。
映像も素晴らしく、年齢を忘れてしまいます。

WITH MEW

神戸のお話、懐かしく拝見させていただきました。
MIKAMさん、西宮北口と三宮センター街のRYURYUは今も健在でしたか・・・!
家内とのデートで、よくRYURYUを利用させていただきました。
私は「オイルサーディン・コンビーフ」が、家内は「たらこ・ウニ・紫蘇」が大好きでした。
といっても、家内と結婚する前、私が大学生、家内は高校3年生の頃のこと、、、もう30数年も前のことです。
それにしても、懐かしいです・・・・。

YOKKU ITさま、震災のお話、今思い出しても心が痛みます。
青春時代を過ごした神戸の街(東は西宮・尼崎から西は須磨までも)が一夜のうちに消えて亡くなってしまった。
でも、背負いきれない程の悲しみや・苦しみを背負いながらも、あの当時、みんなめげずに頑張りましたよね。
あの苦しい時代があったからこそ今がある・・・と、今は思えるようになりました。

私の青春時代を通して、YUMINGの曲たちは常に私のそばにいてくれました。
TERRY Kさま、YouTubeでフォローしていたあなたの映像とYUMING BRAND、突然消えてしまいましたが、
今再び、あなたの「みらいLOVE」で再会できて嬉しいです。 これからもフォローさせていただきます。